欢迎光临豪艺锦铁艺

作業工程の一部

2016-01-07

弊社製品はデザイン・サイズなどを自由に設定出来る為お客様のイメージを形にする事が出来ますが、なぜデザインやサイズを自由に設定出来るか?

ここでは作業工程の一部を紹介しながら説明しています。

叩き

材料を熱しハンマーで先端を叩きながら細くし仕上げにカールさせます。 

曲げ

治具(自作の曲げ専用の道具)を使用し熱しながら曲げていきます。

力の入れ具合で曲線の形が変わってしまう為、毎回同じ形に曲げるのは職人の技があってこそです。

溶接

専用の溶接機器を使用します。

雑に溶接してしまうと仕上がりが非常に悪くなる為、丁寧に溶接しています。

出来上がり

最後に塗装をして完成です。

今回は鉄の細い丸(角)棒を使用し主な作業として叩き・曲げ・溶接を紹介しました。

実際は色々なサイズの材料を使い紹介しきれないほどの工程を経て商品として出来上がり丁寧に梱包しお客様へお渡し(発送)致します。

この様に職人が色々な材料・道具・経験を使い一つ一つ製作している為、お客様の思い描くイメージ通りの製品を造る事が出来ます。